スクラッチ(scracth)でハロウィン(3回目/全10回)

スクラッチでハロウィン
この記事は約2分で読めます。

3日目はパンプキン爆弾の投げ方のプログラミングです。

https://scratch.mit.edu/projects/244955020/

<ゲームの動き>
①緑のハタをクリックするとスタートします。
②スペースキーを押すと、パンプキン爆弾が右から左へ流れて消えます。

<プログラミング方法>
①今回は算数で学ぶ座標の知識が必要かな。小4ぐらいで習うそうだけど・・・
ゲーム画面はx座標は-240~240でy座標は-180~180の範囲で動くことができます。
つまりx座標=0、y座標=0はゲーム画面のど真ん中になります。またx座標=-240は一番左、y座標=-180は一番下になります。

②青い「中を見る」をクリックしてプログラムをみましょう

③スプライトのパンプキン爆弾(オレのとなり)を選択し(選択されると青いふちどりになる)、中上の「スクリプト」をクリックするとプログラムが表示されます。

※スプライト(キャラクター)ごとにプログラムは作成するので、青のふちどりになったスプライトのプログラムが表示されます。

④「スペースキーが押されたとき」と書かれたところから下が、スペースキーの処理となります。

➄「x座標を~」、「y座標を~」でパンプキン爆弾の最初の位置を決めています。”オレ”というのは猫のキャラクターのことです。x座標をオレから-3にしているのは、手元から発射した感じにするためです。

⑥「表示する」でパンプキン爆弾が表示されます。

⑦「50回繰り返す」でx座標を10づつ減らすことにより、左に流れていくように見えるのです。-10を-50にすると速くなり-5にすると遅くなります。(実際に変えて動かしても大丈夫ですよ)

⑧最後に画面外になるので、隠します。

これで、投げもの(ビーム、爆弾とか)のプログラミングが理解できたかな。

あと、動きがあるときは座標でx、yを指定すると動くことも覚えてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました